保存会の歴史 入 会 方 法 優 勝 大 会 公 演 案 内 歌詞 ・ 踊り
リ ン ク 集 演 芸 申 込 会   報 安来節グッズ ホームへ戻る

安来節は島根県の代表的な民謡で、どじょうすくいの唄としても全国的に広く親しまれています。安来市は古くから鉄や米の積出港として栄え、元禄の頃に北前船の船頭たちによって、全国の追分、おけさなどの民謡や、田植歌、船歌などが盛んに交流しました。それに独創性を加えた「さんこ節」をさらに改良して、安来節の原型ができたといわれています。江戸末期には、いろいろな音楽の影響を受けながら「安来節」として変化、成長していきました。

安来節のリズムは、陽気な中にもの哀しさもあり、もと唄に他の民謡や浪曲を取り入れて唄うことのできる珍しいものです。歌詞も数多くあり、その場に応じて即興的に唄われることもあります。

明治に入ると、「月の輪まつり」で夜通し町内を唄いながら練り歩き、人々の生活にも深く結びついていきました。明治の終わりごろには、渡部お糸という唄の名手が現れて評判になり、安来節の正調保存と振興を図るため「正調安来節保存会」が設立されました。お糸はレコードを出したり、三味線の富田徳之助と一座を組んで全国を回って、安来節の黄金時代を築きました。

昭和になって、安来市で「安来節全国優勝大会」が開催されるようになりました。この大会は、全国の予選で選ばれた安来節保存会の会員たちが、唄・絃・鼓・踊・銭太鼓の各種目で優勝を目指し、競われる大会です。小学生から80歳代まで広い年代の人たちが参加し、全国から大勢の観客が訪れます。愛好者の増加に伴い、平成16年から銭太鼓も安来節保存会の正式種目に加わりました。

お糸は昭和29年に他界するまで後進の指導にあたりました。現在安来節保存会では、年中行事や公演を通して安来節の保存普及に努めています。

どじょうすくいの起源は?
安来節略年譜
銭太鼓の起源は?
歴代「渡部お糸」のご紹介(初代〜三代目の唄声が聞けます)