保存会の歴史 入 会 方 法 優 勝 大 会 公 演 案 内 歌詞 ・ 踊り
リ ン ク 集 演 芸 申 込 会   報 安来節グッズ ホームへ戻る


銭太鼓唄と踊り唄

●銭太鼓唄

何はなくとも 出雲のみやげ ごらん下さい銭太鼓

可愛いけりゃこそ 毎晩通う 憎うてこの町に

  蛇の目の唐傘 骨の数ほど通わりょか

竹にすずめはコリャ あちらの薮から

  こちらの薮へと チュンチュンバタバタ

      羽交えをそろへて品よくとまる

  とめてとまらぬコリャ

  三千世界に唄と踊りと銭太鼓

●踊り唄

男踊り

おやじどこへ行く 腰に籠下げて  前の小川へどじょう取りに

わしが生まれは 浜佐陀生まれ  朝まとうからどじょやどじょ

唄に千両の 値ぶみがあれば  どじょうは万両の味がある

出雲名物 荷物にならぬ 聞いてお帰れ安来節

安来千軒 名の出たものは どじょう掬いに安来節

わたしの生まれは 安来の生まれ  朝ま早ようからどじょうすくい

唄の安来で 見せたいものは  踊る名物どじょうすくい

たった一夜の 時雨に濡れて  みだれましたよ萩の花

女踊り

高い山から 谷底みれば  乙女姿のどじょうすくい

あまた踊りの 数ある中で  私の好きなはどじょうすくい

出雲八重垣 鏡の池に  写す二人りの晴姿